ボビンレースを中心に広く浅く手仕事を楽しんでいます。気ままな「日常のお喋り」にお付き合い下さいね #^^#  コメント大歓迎です。


by tomo_shierihito
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

着衣水泳

外来の日。学校では「着衣水泳」の授業が予定されていました。
全学年ではなく、3年生と6年生のみ。
梅雨空の中「延期かな〜」と思っていたのですが、予備日も出来なかったら「中止」になってしまうそう。
プールは「水温+気温が50℃を上回った時」に入りますって事だったけど‥‥強行突破か?!
時間短縮バージョンで泳いだそうです。

持ち物は、水着の上に長袖&長ズボン(洗ってあるもの)
2リットルのペットボトルの空き容器。スーパーのビニール袋。

シエリの話では、実際にはペットボトル1個では<浮き具>としては機能しなかった様で「一生懸命バタ足しないと沈んじゃう」そうです。
スーパーの袋に至っては「空気がもれた」と。

近所のDエーで貰ったものだったんだけど、同じ袋の他の子も空気もれしたそうな。
Dエーさん。コスト削減し過ぎじゃないですか?
いざと言う時に、如何に自分の身を守るかって授業なんだろうけど‥‥
いろんな意味で「良い経験」をしたようです。

こんな日は普段のプール以上に血糖値は低め推移でした。
インスリンの量も調整したし、授業時間も短かったのに、着衣で水に入ると想像以上に体力を消耗するって事ですね。

もし万が一川に落ちたりしたらこの授業が役立つのかは???ですが、洋服で水に入る怖さは実感してきたようで、その点は良かったです。
でも、我が家的にはシエリが川に落ちる確率よりも、明らかにリヒトが落ちる確率の方が高そう。
3年生になって「着衣水泳」の授業を受ける前に川に落ちない様に、2年間気を付けて見張ってないと!!!ですね。
[PR]
by tomo_shierihito | 2009-07-08 13:05 | enfants