ボビンレースを中心に広く浅く手仕事を楽しんでいます。気ままな「日常のお喋り」にお付き合い下さいね #^^#  コメント大歓迎です。


by tomo_shierihito
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:レシピ ( 13 ) タグの人気記事

クリームぐつぐつ。

普段は、なんとな〜く見ているだけの MOCO'S キッチン。
「作ってみたい」とか「食べてみたい」ってあんまり思わないんですが ‥‥
月曜日に放送された タリアテッレ には釘付け。

フライパンの中でぐつぐつってなってるマッシュルームとクリームソース。
なんて美味しそうなんでしょう。

前日グラタンを作るのに使った生クリームが残っていたので、冷蔵庫にあった在り合わせの食材で お一人さまランチ に作ってみました。

b0179591_13223891.jpg


牡蠣のクリームスパゲティー。

後から ZIP! の HP をチェックしたら ‥‥ 全く別物でした。

だってマッシュルーム無かったし、タリアテッレなんてもちろん無いし〜。
白ワイン や 卵黄 なんて入れてた?
「釘付け」とか言っといて、全然ちゃんと TV を見てない私でした ^^;;


<ざっくりとした作り方>

1. 牡蠣としめじをバターでこんがり焼いて、にんにくスライスとアサツキの白い部分
 (小さく切る)を加えます。
2. 生クリームをだーっと加えて、削ったパルミジャーノチーズを多めに投入。
3. 塩こしょうで味をととのえ、茹で上がったパスタを加えてあえるだけ。
4. お皿に盛ってからアサツキの緑の部分(長めに切る)パルミジャーノチーズの
 ブロック、黒胡椒をかけて完成です。


こういうクリーム系って、お店で頼んで食べる時はちっとも気にならないけど、自分で作ると「カロリー高いだろうな‥‥」って思ってしまいます。
もちろん完食するんですけどね。








..... Ads by Excite .....
[PR]
by tomo_shierihito | 2011-11-10 15:09 | cuisine

香り。

エッセンシャルオイルを買ってみました。

b0179591_11363840.jpg


ラベンダー ユーカリ グレープフルーツ。

ラベンダーは
寝付きをよくする、頭痛・肩こりの改善、咳・喉の痛みの緩和、リラックス効果
ユーカリは
寝付きをよくする、頭痛・肩こりの改善、咳・喉の痛みの緩和、集中力up
グレープフルーツは
頭痛の改善、リフレッシュ・リラックス効果 などの効能があるとか。

3つとも相性が良い様なので、ブレンドしちゃって “ エアフレッシュナー ” を作ってみようと思っています。


< ざっくりとした材料 >

 精製水        ‥‥  90ml
 無水エタノール    ‥‥  10ml
 エッセンシャルオイル ‥‥  合わせて10滴程度  

< ざっくりとした作り方 >

 無水エタノールにエッセンシャルオイルを入れ、よくかき混ぜる。
 精製水を加えて、さらによく混ぜる。
 スプレー用のボトルに入れる。

< 注意事項 >

 使用の際は、その都度よく振ってからスプレーしましょう。
 2週間程度で使い切る様にしましょう。
 良い子のみなさん、人に向けてスプレーしないでね〜。


手作りの “ エアーフレッシュナー ” を頂いて、すっかり虜になってしまった私です。
スプレーするだけでお部屋が良い香りになるし、抗菌作用もあるので乾燥する今の季節に超オススメだそうです。








..... Ads by Excite .....
[PR]
by tomo_shierihito | 2010-12-16 10:56 | favori

ポモドーロ。

リヒトの第2のトマト“凛々子”
消費すると ‥‥ 夏休み中のプールや算数教室に参加する度に貰って帰って来ます。
きっと大豊作なんでしょうね。

ちょっと完熟トマトが溜まってしまったので、全部まとめてポモドーロソースを作る事にしました。

b0179591_15262024.jpg


<材料>

トマト(凛々子)・・・ 800g
にんにく    ・・・ 4〜5カケ
オリーブオイル ・・・ 大さじ2
バジルの葉   ・・・ 10枚くらい
塩(岩塩)   ・・・ 適量

<作り方>

1. トマトは湯剥きをして芯を取り、ざく切りにします。
  種は取った方が良いと思いますが、今回は面倒なのでそのまま。

2. にんにくは潰して芯を取り、オリーブオイルで香りが良く出る様に炒めます。

3. トマトを加え、沸騰したら灰汁を取ります。
  トマトを潰しながら半量くらいまで弱火で煮詰めていきます。

4. トロッとしてきたら味をみながら塩を加えます。
  火を止めてから手でちぎったバジルを加えて完成!


余談ですが、我が家には「塩」がいっぱいあります。
今回使ったのはこれ↓。

b0179591_15263845.jpg


ヒマラヤ産の「ピンクの塩」。

スペイン産の「黒い塩」なんていうのもありますよ。
塩って、産地で塩辛さが全然違うし、旨味や甘みがあったり、なんだか楽しいのです。だからって、こだわって使い分けている訳じゃないんですけどね。


ーーーーー ☆ ーーーーー ☆ ーーーーー ☆ ーーーーー ☆ ーーーーー


今日で子どもたちの学校の「算数教室」と「プール」も全て終了しました。
私も「算数ボランティア」で学校へ通っていたので、明日からやっと夏休み♪と言った感じです。
膝に不安を抱えてはいますが(ちょっと押さえ気味で)楽しみたいと思っています。
皆様も素敵な夏をお過ごし下さい。








..... Ads by Excite .....
[PR]
by tomo_shierihito | 2010-07-30 11:12 | cuisine

田舎風くるみパン。

ボール(27cm) と 温度計、買っちゃいました。
早速、復習も兼ねて「くるみパン」に挑戦。
先日習った「田舎パン」に、ゴマを付けずに、くるみを入れてみただけですが‥‥

<材料>

強力粉     ・・・ (100%) 300g
ドライイースト ・・・ (0.8%)  2.4g
砂糖      ・・・ (6%)   18g
塩       ・・・ (1.6%)  4.8g
水       ・・・ (63%)  189g
刻んだくるみ  ・・・ 適量

<作り方>

1. 強力粉とドライイーストを合わせて、手で温める様に混ぜ合わせます。
  寝ているイースト菌を起こす要領だそうです。
  砂糖&塩を加えて混ぜ合わせましょう。

2.2〜3回に分けて水を加え、素早く混ぜ合わせます。
  生地がまとまったら台の上で捏ね上げ。
  捏ね上げ温度25〜28℃を目標に。(←ここで温度計初登場!)

3. 捏ねの最終段階でくるみを加えます。
  ひとまとまりにして室温で、50〜60分一次発酵。

4. 6つに分けてきれいに丸め、4カ所切り込みを入れ、30〜60分二次発酵します。

5. 200℃のオーブンで10分焼きます。

b0179591_14415517.jpg


やっぱり照り玉すればよかった〜。
生地に卵が入っていないので、すっかり忘れました。

反省点いっぱい。
次はもうちょっと工夫してみよう!
[PR]
by tomo_shierihito | 2010-06-17 12:37 | cuisine

もやし。

もやし。お好きですか?
我が家に於いては、やたらと食卓への登場回数が高い食材です。

平日のお昼。
一人だし、冷蔵庫にあるものだけで出来て、ぱぱっとお昼を簡単に済ませたいっ!
って時にオススメのメニューです。

b0179591_13444780.jpg


もやしチャーハン。


ドイツのとある街。
フードコート内の中華スタンドで出会ったのですが‥‥目から鱗でした。

オリジナルは、上の写真のものとは見た目も味も違うけど、自分流にアレンジ。

「え〜。チャーハンにもやし???」
って思うかもしれませんが(←私は思いました^^;;)簡単で美味しいので、騙されたと思って試してみてね〜。


<主な材料> 1人分

ご飯     ・・・  1人分よりも少な目で
もやし    ・・・  1/3袋
にんにく   ・・・  1〜2かけ(お好みで)
ベーコン   ・・・  2枚
エリンギ   ・・・  適量
卵      ・・・  1個
黒胡椒(粉ではなく粒がオススメです)


<ざっくりとした作り方>

1. フライパンに油を入れ、卵、にんにく、ベーコン、エリンギを炒めます。
 (今日はベーコンが無かったので、ウィンナーを使いました)

2.ご飯を加え炒めます。

3.最後にもやしを入れ、ザクザクと木べらで切りながら軽く炒めます。
 くれぐれも炒め過ぎない様にして下さい。
 食べた時にシャキシャキ感が残っている事が美味しさの秘訣です♪
 普段チャーハンを作る要領で味付けをします。

4.火を消す寸前に粒胡椒(黒)をガリガリっと振り掛けます。


にんにく&ベーコンを多めにして、ガーリックライス風にするのがお気に入りです。
是非、お試し下さ〜い。
[PR]
by tomo_shierihito | 2010-05-11 14:24 | cuisine

キャラメルパン。

食料品の棚の中から、賞味期限の黄色信号が激しく点滅中のビンを発見!
絶対そのままじゃ食べないと思ったので、またパンにしちゃいました。

なんだか最近、パンを焼く動機がこんなのばっかりだわ。

b0179591_15403731.jpg


<材料>

強力粉    ・・・  180g
薄力粉    ・・・  100g
バター    ・・・  50g
砂糖     ・・・  大さじ2
スキムミルク ・・・  大さじ1
溶き卵    ・・・  半分
塩      ・・・  小さじ1
水      ・・・  150cc
ドライイースト・・・  小さじ1
キャラメルクリーム・・・適量
スライスアーモンド・・・適量
あられ糖   ・・・  適量

<作り方>

1. 材料の、強力粉から水までをホームベーカリーへ。ドライイーストもセット。
 あとは機械におまかせしましょう。

2. 1次発酵まで終ったら、きれいに丸めて布巾をかけて15分休ませます。

ここで気が付いたのですが、前回のマロンのパンと同じ分量のはずが‥‥
粉の配分間違えちゃった。

前回:強力粉 200g + 薄力粉 80g
今回:強力粉 180g + 薄力粉 100g

これってどの位影響するのかな〜?
総量は一緒だし、なにせ素人なもので、やってみないと分かんない。
とりあえず続行!

b0179591_15412880.jpg

3. 綿棒で25cmx30cm位に生地をのばして、キャラメルクリームをのせ、くるくると(ソフトに)巻きます。

4. 10個に切り分けます。
バターを薄く塗って粉を振った型に並べたら、室温で1時間程自然発酵。


b0179591_1545543.jpg

5. ドリールをして、あられ糖&スライスアーモンドをかけました。

180℃のオーブンで18〜20分焼きます。


b0179591_15454474.jpg


完成♪

とってもふわふわに焼けました。



粉の分量のせいかな?
前回よりもふわふわ度がup♪
と、思っていたら‥‥ちょっと時間を置いたら中央部分がべっとりしちゃった。
これは分量の見直しが必要かもしれません。

あまりにもいつも自己流なので、今度「パン教室」に参加してみようかな。
[PR]
by tomo_shierihito | 2010-05-07 08:37 | cuisine

マロンのパン。

昨日は暖かいを通り越して暑い位の一日だったのに、今日はまた寒〜い。
学校へ行かなきゃならないのに ‥‥ 雨です。

昨日、冷蔵庫にマロンのクリームが残っていたので、行き当たりばったりのレシピで
「マロンのパン」を焼いてみました。

b0179591_1441152.jpg

                 今日はアイスコーヒーって天気じゃないね。
<材料>

強力粉    ・・・  200g
薄力粉    ・・・  80g
バター    ・・・  50g
砂糖     ・・・  大さじ3
スキムミルク ・・・  大さじ2
溶き卵    ・・・  半分
塩      ・・・  小さじ1
水      ・・・  150cc
ドライイースト・・・  小さじ1
マロンクリーム・・・  適量
あられ糖   ・・・  適量

<作り方>

1. 材料の、強力粉から水までをホームベーカリーへ。ドライイーストもセット。
 あとは機械におまかせしましょう。

2. 1次発酵まで終ったら、きれいに丸めて布巾をかけて15分休ませます。

b0179591_14415650.jpg
このマロンクリームは、歯磨き粉みたいなチューブに入っています。
キャップに6個の穴が開いているので、押し出すとモンブランのクリームの様ににゅ〜っと出て来ます。(使いやすいとは‥‥言えません)


b0179591_14435992.jpg

3. 綿棒で25cmx30cm位に生地をのばして、マロンクリームをのせ、くるくると(ソフトに)巻きます。


← まるでお蕎麦だね。^^;;


b0179591_14455250.jpg

4. 8個に切り分けます。

バターを薄く塗って粉を振った型に並べたら、30〜40分2次発酵。


b0179591_14462639.jpg

5. ドリールをして、あられ糖をかけました。

180℃のオーブンで15分焼きま〜す。


b0179591_1447161.jpg



じゃ〜ん。完成です♪


思い立って突然焼いたので、焼きたてを食べられたのは私だけでした〜。
時間配分を先に考えれば良かったと、ちょっと反省。

次こそは焼きたてを!
さて、中に何を入れて焼こうかな。
[PR]
by tomo_shierihito | 2010-04-22 08:23 | cuisine

シナモンロール。

そう言えば「シナボン」ってもう日本から消えちゃったのかしら。
日本に進出して来る前、出張のお土産に買って来てもらった事あったな〜。
懐かしい。

あれは激甘だったけど、↓はDMっ子向けなので甘さ控えめです。

<材料>

強力粉    ・・・  280g
バター    ・・・  20g
砂糖     ・・・  大さじ2
スキムミルク ・・・  大さじ1
溶き卵    ・・・  半分
塩      ・・・  小さじ1
水      ・・・  150cc
ドライイースト・・・  小さじ1
シナモンパウダー・・・ 適量
グラニュウ糖 ・・・  適量
ざらめ糖   ・・・  適量
くるみ    ・・・  適量

<作り方>

1. 材料の、強力粉から水までをホームベーカリーへ。ドライイーストもセット。
 あとは機械におまかせしましょう。

2. 1次発酵まで終ったら、きれいに丸めて布巾をかけて15分休ませます。

b0179591_1422437.jpg
3. 綿棒で25cmx30cm位に
のばして、グラニュー糖とシナモンパウダー。くるみを細かく切ったものを振りかけくるくると(ソフトに)巻きます。

4. 12個に切り分け並べたら、30〜40分2次発酵。


b0179591_14254320.jpg

5. ざらめ糖をちょっとかけて、ドリールをして170℃のオーブンで15分焼きます。



個人的には、パンはパン屋さんでいろんな種類を1つずつ買うのが好きです。
作ると同じ物がいっぱい出来ちゃうでしょう。

モスクワに住んでいた頃、おいしいパン屋さんが無いのでお友だちに教わり、始めた手作りパン。
子どもたちは「ママの手作り♪」ってところが好きみたい。

お店で買った方が美味しいよって言ってみたけど‥‥
次は「ウィンナーロール」と「チーズのパン」が良いそうです。
[PR]
by tomo_shierihito | 2010-03-04 09:39 | cuisine

コーヒーロール。

学校から帰って来たら、お友だちの家に遊びに行く予定のシエリ。
お菓子の在庫も切れていたし、午前中からお土産用のパン作りをしています。

パンは ‥‥ とっても久しぶり。
新しいオーブンにして初挑戦。ちょっと(かなり?)心配です。


<材料>

強力粉    ・・・  280g
バター    ・・・  20g
砂糖     ・・・  大さじ2
スキムミルク ・・・  大さじ1
溶き卵    ・・・  半分
塩      ・・・  小さじ1
インスタントコーヒー・・大さじ1
水      ・・・  160cc
ドライイースト ・・・ 小さじ1

ざらめ糖  ・・・   適量
アーモンドスライス・・・適量
粉砂糖(アイシング用)・・・適量  

<作り方>

1. 材料の、強力粉から水までをホームベーカリーへ。ドライイーストもセット。
 あとは機械におまかせしましょう。

2. 1次発酵まで終ったら、きれいに丸めて布巾をかけて15分休ませます。

3. 綿棒で25cmx30cm位にのばして、ざらめ糖を振りかけくるくる巻きます。

b0179591_12261770.jpg

4. 12個に切り分け並べたら、30〜40分2次発酵。

5. ドリールをして170℃のオーブンで15分焼きます。


b0179591_12283112.jpg


6. 冷めたら粉砂糖+水のアイシングを作り、スライスアーモンドを飾ります。



う〜ん。2次発酵がイマイチかも。
それに、ざらめ糖を控え過ぎました。
これでもかーーーっ!!と、たっぷり振っても良かったな。^^;;

自宅用が足りないと途中で気付き、もう1種類は今オーブンの中。
こっちの方が良い感じ♪
次回 up しますね〜。
[PR]
by tomo_shierihito | 2010-03-03 13:06 | cuisine

ジュリエン。

なんだか最近「ロシア料理ブログ」の様になってます。^^;;
折角写真を撮ったので、記事にしないとね〜。

先日 ボルシチ を作った時に準備した スメタナ
いっぱい出来てしまったので、スメタナを消費するお料理を一緒に作りました。

b0179591_11552391.jpg



きのこのグラタン。
ジュリエン(Жюльен)
です。


ジュリエンは、バレエやオペラの幕間の休憩時間にカフェで出される事が多いです。
少量なので短時間でも食べやすく、腹持ちも良いのです。

<材料>
マッシュルーム・・・300〜400g
  モスクワはマッシュルームがタダみたいな値段で手に入るのでいっぱい
  使えますが、日本はマッシュルームが高いので‥‥

b0179591_2220144.jpg


ぶなしめじ・・・ 1パック
ブナピー ・・・ 1パック

  で代用しました。^^;;

とり肉(ムネ)・・1/2枚
タマネギ ・・・ 大1個
スメタナ ・・・ 100cc
小麦粉  ・・・ 大さじ3
レモン汁 ・・・ 大さじ1
溶けるチーズ・・・適量


<作り方>

1.とり肉を水から炊いて、400cc程スープをとります。

2.タマネギのみじん切りをサラダ油で炒めます。

3.小さくスライスしたマッシュルームを加えて、水分をとばしながら炒めます。

4.スープ、とり肉をほぐして小さく切ったものを加え、塩小さじ1を加えて煮ます。

b0179591_223152100.jpg
5.小麦粉大さじ3に水を入れて、あわせて100cc作り、よく混ぜておきます。

6.ダマにならないように注意しながら(5)を少しづつ加えていきます。

7.スメタナを加えて煮込み、最後にレモン汁を加えます。


b0179591_22441814.jpg


8.器に入れ、上に溶けるチーズをのせます。

9.オーブン or トースターでチーズに焦げ目がつく程度に焼きましょう。


この分量で作ると、↑の小さな器で8皿分くらい出来ます。
一度に食べきらなくても、冷蔵庫で2日程なら保存可能なので、朝食用にとっても便利です。
きのこが苦手な子でも食べられると思いますよ〜(我が家^^)
[PR]
by tomo_shierihito | 2010-02-12 12:27 | cuisine