ボビンレースを中心に広く浅く手仕事を楽しんでいます。気ままな「日常のお喋り」にお付き合い下さいね #^^#  コメント大歓迎です。


by tomo_shierihito
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

術前検査。

7月に入るのを待って、術前検査も受けました。
血液検査、尿検査、心電図、肺活量?、胸部レントゲンは前回と同じ。
前回は受けた、麻酔が合うかどうかのチェックはありませんでした。

その代わりにかどうかは分かりませんが、前回は無かった、両手両足に機械を付けての血圧測定がありました。
血圧測定のついでに、血管年齢と動脈の詰まり具合も測っていたようで、後から渡された用紙に
「血管年齢は年齢平均を下回ります。動脈は正常範囲です」
って書いてあった事で、すっかり気を良くした単純な私です。


今回のメインは、造影剤を使用してのCT検査。
点滴で造影剤を入れてから検査をするのですが、
「造影剤が入った後、多少の息苦しさがあって、その後に体が急に熱く感じるけど、みなさんそうなので心配しないで下さいね〜」と言われました。

受けた事が無いので話を聞いても「ふ〜ん、そうなんだあ」って感じでしたが ‥‥
実際にはすごい衝撃的な経験でした。

点滴後に鼻をつままれる様な息苦しさを感じて、その直後、上から下に向けてダーーーーっと体が熱くなりました。
「造影剤が血管を通って駆け巡って行く感じ」と言ったら良いのかしら。
今まで生きて来て、心臓がポンプとして体中に血液を送り出している事なんて意識して生活した事は一度も無かったけど、これぞまさに「人体の神秘」です。
ちょっと感動してしまいました。


それから先生の診察。
詳しい手術の説明を受けて、いろいろ入院の際に必要な用紙を頂いて終了。

後は、手術当日まで痛みが無い事を祈って待つのみです。
それと ‥‥ 手術中に大きな揺れがありませんように。(祈)








..... Ads by Excite .....
[PR]
by tomo_shierihito | 2011-07-16 06:51 | physique